三万人のための情報誌 選択出版

書店では手に入らない、月刊総合情報誌書店では手に入らない、月刊総合情報誌

社会・文化

実録「慶應病院オペ室」

封印される手術ミス「続発」の戦慄

2016年7月号

 ペンとペンが交差するシンボルマークを誇らしげに縫いつけた白衣の医者と看護師が、威風堂々と行き交う。ここは東京・信濃町の慶應義塾大学病院。北里柴三郎博士を病院長として開院したのは百年近くも昔の一九二〇・・・