三万人のための情報誌 選択出版

書店では手に入らない、月刊総合情報誌書店では手に入らない、月刊総合情報誌

『選択』の魅力は「グローバルな視座、正確な情報、的確な予測」。その真髄は“先見性”にあります。

創刊以来、一貫してジャーナリズムの使命を貫いている雑誌
『選択』は、情報の「量」より「質」を重視した月間総合情報誌です。1975年(昭和50)年の創刊以来、その情報分析力には定評があり、読者の厚い信頼を得ています。
『選択』のカバーするジャンルは、国際問題、国内政治、国内経済、社会・文化の4ジャンルです。どの記事においても、卓越した分析・解析を施し、単なる評論に終わらない先見性を持った内容で、読者のニーズに応えています。
ジャーナリストが「書きたい!」として名指しする雑誌
『選択』の編集には、国内外の四百人を超える第一線のジャーナリスト、学者、作家、さらには政・財・官界人らが多数参画しています。
『選択』はマスコミ界を横断する組織によって作られています。国内外のジャーナリストが、ズバリ本音を書ける雑誌、世間の誰もが書いていないことに挑める雑誌として、『選択』は書き手にもステータスのある雑誌です。
意思決定者・政策決定者に最も大きな影響を与えている雑誌
『選択』は創刊以来「三万人のための情報誌」を標榜してきました。“三万人”という数は、各界指導者層の総数を推定したものです。現在最も多い読者は、大企業のトップをはじめとした経営者層です。
しかし、それ以上に特筆したいのは、政治・官界人、とりわけ国会議員の多くが購読してくださっていることです。「意思決定者・政策決定者に最も大きな影響を与えている雑誌」、それが『選択』なのです。
書店販売をせずに6万部を発行する雑誌
『選択』は「三万人のための情報誌」をキャッチフレーズにしていますが、これは3万部の限定発行をしているという意味ではありません。あえて大量部数を誇示する姿勢にとらずに、部数に対しては「発行部数を常に開示し、偽ることをしない」ことをモットーとしています。
また、書店販売は一切いたしません。年間予約購読による“自宅直送”方法を採用しています。

選択は4つのジャンルで構成

書店では手に入らない、月刊総合情報誌。書店では手に入らない、月刊総合情報誌。

※ 表紙画像をクリックするとPDF目次が表示できます。

選択の購読・お申し込みはこちら