三万人のための情報誌 選択出版

書店では手に入らない、月刊総合情報誌書店では手に入らない、月刊総合情報誌

社会・文化

《日本のサンクチュアリ》外務省「チャイナスクール」

対中外交の中枢は「総崩れ状態」

2016年3月号

 外務省のキャリアで入省後に中国語研修組となった面々は「チャイナスクール」と呼ばれてきたが、この言葉が死語と化して久しい。かつて彼らの根回しで実現した天皇訪中後も、中国は歴史問題で日本批判を繰り返す。小泉純一郎政権下では駐中国大使が靖国神社を参拝しないよう直談判した。以来、彼らの多くは「媚中派」の烙印を押され、今や対中政策の中軸に旧来のチャイナスクールの外交官は存在しない。