三万人のための情報誌 選択出版

書店では手に入らない、月刊総合情報誌書店では手に入らない、月刊総合情報誌

社会・文化

新政権が「秋田犬外交」展開を検討 日本犬振興策は支持を集めるか

2020年10月号公開

 ソフトパワー外交を標榜する菅義偉首相が「秋田犬外交」の展開を検討している。
 菅首相は官房長官時代、都内で開かれた「世界秋田犬フォーラム」(秋田犬保存会主催)で挨拶し、出身県の秋田が生んだ秋田犬への熱い思いを披露しているほか、秋田県大館市にオープンした観光交流施設「秋田犬の里」を激励した。
 秋田犬保存会会長は菅首相に近い遠藤敬衆院議員(日本維新の会)で、ロシアの女子フィギュアスケート金メダリスト、アリーナ・ザギトワさんへの秋田犬「マサル」の寄贈が話題を呼んだ。当時、寄贈を裏で支援したのが菅氏だった。
 一方、菅政権で初入閣した岸信夫防衛相は、柴犬など小型日本犬の普及を図る日本犬保存会の会長。遠藤、岸両会長は親しく、愛犬家の各国首脳への日本犬寄贈を計画している。
 安倍晋三前首相の実弟である岸氏は「親台湾派」といわれ、日本犬人気の高い台湾の蔡英文総統への柴犬寄贈を狙っているようだ。


掲載物の無断転載・複製を禁じます©選択出版

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます