三万人のための情報誌 選択出版

書店では手に入らない、月刊総合情報誌書店では手に入らない、月刊総合情報誌

連載

日本の科学アラカルト20

癌治療の現場で期待される「分子標的薬」の進歩

2012年4月号

 分子標的薬――。一九九〇年代に誕生し比較的歴史は浅いが、癌治療には欠かせない役割を既に担っている。  それまでの癌治療における化学療法といえば、いわゆる細胞傷害性の「抗癌剤」を用いるものだった・・・

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます