三万人のための情報誌 選択出版

書店では手に入らない、月刊総合情報誌書店では手に入らない、月刊総合情報誌

WORLD

WORLD●情報カプセル 

欠陥多い中国製電子機器で米国兵器の信頼性が低下する

2010年4月号公開

 


 米国防総省が調達する兵器の電子機器を中心とした部品に、欠陥や違法な模造を行った大量の中国製品が使われ、米国で生産される兵器の信頼性や品質に重大な影響を与えている。このほど発表された『四年ごとの国防計画見直し』(QDR)で明らかにされた。

 それによるとブッシュ前政権時代に兵器生産コストを下げるため、兵器製造の際に商業製品を最大限導入する方針が確立。この五~六年の間に、安い中国製の部品が大量に流入しはじめた。

 その結果、欠陥があったり、最初から損傷しているなど、違法コピーを含む品質基準以下の数千にのぼる劣悪な部品が実際に兵器に使われる事態となっている。さらには軍が管理する在庫システムにも入り込んでしまっている。

 国防総省はこれによってどの兵器の作動が支障をきたしたか明らかにしていないが、特殊品を含む兵器生産に不可欠な部品を供給する米国内の産業基盤はすでに大幅に衰弱しており、即座に復旧できる状態ではない。

 加えて、こうした下請けの軍需産業が使う中国製品をチェックするシステムも確立されておらず、同省は「このままだと大量の欠陥兵器が納入されかねない」と懸念している。


掲載物の無断転載・複製を禁じます©選択出版